2008年05月06日

メルセデス・ベンツGLKを検証

20080506_1.jpg

2008年1月13日に開幕したデトロイトショーで、
メルセデス・ベンツは市販予定の小型SUV「GLK」のコンセプトカーを発表した。

メルセデス・ベンツGLKスペシャルサイト(海外サイト)


Cクラスようなコンパクトなクルマであるが、GクラスやGLクラスのような雰囲気を出している。
背の高いワゴンなので、一瞬MLクラスのようにも見えるが、こちらの方が重厚感がある。
優れた積載性・ユーティリティを主張しているのも売りである。
ディーゼルハイブリッド仕様も発売。


日本で8月公開予定の『セックス・アンド・ザ・シティ』の映画版でGLKクラスの特別バージョンが使われているので注目して頂きたい。

「セックス・アンド・ザ・シティ」公式サイト

20080506_2.jpg

メルセデス・ベンツGLKの最初のラインナップは下記になる。
GLK 280 / GLK 350 / GLK 220 CDI / GLK 320 CDI


エンジンはV型6気筒。
しかし、GLK 220 CDI だけ直列4気筒になるので注意。


価格は、3万3900ユーロ(約560万円)〜3万8700ユーロ(約640万円)となっている。


なお、ドイツ国内では2008年6月30日から注文可能。
デリバリーは2008年10月1日から開始。


日本国内での販売は不明。
並行輸入で3ヶ月遅れで入ってくるのでは。
今後の動きに注目したい。

20080506_3.jpg
posted by クルマ at 11:24 | TrackBack(0) | メルセデス・ベンツのニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック